スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

魚介のイタリア料理―アンティパスト/プリモピアット/セコンドピアット

魚介のイタリア料理―アンティパスト/プリモピアット/セコンドピアット魚介のイタリア料理―アンティパスト/プリモピアット/セコンドピアット
(2005/12)
今井 雅博、小嶋 正明 他

商品詳細を見る
22:16 | 書籍 食材関連書籍 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

魚介のフランス料理 poissons

魚介のフランス料理 poissons魚介のフランス料理 poissons
(2010/08/23)
柴田書店編

商品詳細を見る
22:15 | 書籍 食材関連書籍 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フォワグラ―伝統的な食材の進化した料理集 (旭屋出版MOOK)

フォワグラ―伝統的な食材の進化した料理集 (旭屋出版MOOK)フォワグラ―伝統的な食材の進化した料理集 (旭屋出版MOOK)
(2011/02/24)
不明

商品詳細を見る


参加シェフ

銀座レカン 高良康之
クレッセント 磯谷 卓
レストランひらまつ 平松宏之+小笠原靖彦
ベージュ アラン・デュカス 東京 小島 景
フロリレージュ 川手寛康
ヴォール・コズィ 西口大輔
旬香亭 斎藤元志郎
szechwan restaurant 陳 菰田欣也

旭屋出版のフランス料理の食材大全シリーズと同じ構成でフォアグラが紹介されているのに 何故、大全シリーズで出さなかったのでしょうか?
大全シリーズを気に入って購入してきている人ならば 間違いなく気に入る一冊なので 同シリーズで出した方がマーケット的には良かったように思います……

というのは さておき
非常に充実した内容です。
まず紹介されているフォアグラ料理が どれも美味しそう。
なかなか 素人には敷居の高い食材なので やる気を起させる料理を紹介してくれる……というのは こういった本において重要なことだと思います。
また
フロリレージュの川手シェフによるコーナーでは
あの有名スペシャリテはじめ 10種類ものフォアグラ料理を 下処理から調理まで 細かな温度管理付きで紹介されており感動しました……

フォアグラ料理好きにとって 必読の一冊だと思います。
10:10 | 書籍 食材関連書籍 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジビエ料理大全―野鳥獣の特性と調理の秘訣が一冊で学べる (旭屋出版MOOK)

ジビエ料理大全―野鳥獣の特性と調理の秘訣が一冊で学べる (旭屋出版MOOK)ジビエ料理大全―野鳥獣の特性と調理の秘訣が一冊で学べる (旭屋出版MOOK)
(2006/09)
不明

商品詳細を見る


テーマの食材による定番料理、食材の部位解説、食材毎の調理法、テーマ食材を使った人気シェフによるスペシャリ紹介、ブランド商品や販売元紹介、テーマ食材の品種辞典等が掲載されている同りシーズのジビエ(狩猟鳥獣)料理版。

パ・マル 高橋徳男監修 ジビエの基礎知識と実践

参加シェフ

カーエム 宮代 潔
マノアール・ダスティン 五十嵐安雄
ラ・ビュット・ボワゼ 森重正浩
ラミ・デュ・ヴァン"エノ" 榎本 実
レストランコバヤシ 小林邦光

信州ジビエとジビエを彩る素材たち
エスポワール 藤木徳彦

Amazonの評価コメントを見ると 猟をされる方からみて いまいちの評という感じですし 実際、同シリーズ大全と名がついていても 大全というより入門書という印象のほうが強い本であるのは事実なのですが……
それは 本の質が低いとか そういうことではなく……
本の狙いとは違う層の手に取られてしまったかな?という感じ……
家庭でフランス料理の中のジビエ料理をやってみよう…という方には 猟の基礎知識、狩猟鳥獣の食材としての基礎知識、代表的な料理と幾つかの有名シェフによるスペシャリテ……と言う内容は十分過ぎるものだと思います。
勿論、専門家には物足りない内容でしょうし、特に奥の深い食材であるジビエに関して 深く突っ込めば この程度の内容で物足りる訳もないでしょうが
まず ジビエ料理に関して あらかた知りたい……という方には推薦出来る本だと思います。
10:05 | 書籍 食材関連書籍 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オマール海老大全―古典料理と最新の技法が一冊で学べる (旭屋出版MOOK)

オマール海老大全―古典料理と最新の技法が一冊で学べる (旭屋出版MOOK)オマール海老大全―古典料理と最新の技法が一冊で学べる (旭屋出版MOOK)
(2004/12)
不明

商品詳細を見る


テーマの食材による定番料理、食材の部位解説、食材毎の調理法、テーマ食材を使った人気シェフによるスペシャリ紹介、ブランド商品や販売元紹介、テーマ食材の品種辞典等が掲載されている同りシーズのオマール海老料理版。

ホテルメトロポリタン エドモンド 中村勝宏監修 オマール海老の基本と実践

参加シェフ

レディタン ザ・トトキ 十時 亨
アルぺッジョ 鈴木康太郎
エル・ダッシュ 豊嶋誠司
ブラッスリー・レカン 高良康之
ボンシュマン 花澤 龍
レストランW 山下泰伸

家庭で 果たして どれほどオマール海老を食材として使った料理を作るのだろうか?と考えてしまう私には あまり用の無い本かもしれませんが 見ていると どれも美味しそうで作りたく(食べたく)なってくる料理が沢山掲載されています。
役立てることの出来る方は 限定されるかもしれませんが 同シリーズ他の食材料理本同様 質の高い内容で手元に置いておきたい一冊。
10:05 | 書籍 食材関連書籍 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。