スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

パテとテリーヌ (フレンチテクニック)

パテとテリーヌ (フレンチテクニック)パテとテリーヌ (フレンチテクニック)
(2010/08/27)
柴田書店編

商品詳細を見る


フレンチテクニックシリーズのパテとテリーヌ
コンフィとテリーヌに続く第二弾として発売されたものです。

レシピ提供店は
オー グー ドゥ ジュール
OGINO
ドゥロアンヌ
プティポワン
ボンシュマン
レザン ファン ギャテ
と このジャンルで有名なシェフの料理が多く掲載されています。

定番的なものは 全工程が写真付で掲載されていますので パテやテリーヌ作りの基礎的な手順を覚えるには とても良いでしょう。
定番からのステップアップとしては 若干、似たようなものが重複していたりもしていますし ジュレ寄せ以外の野菜系や魚介系のバリエーションが少ないかな?とも思いますが 抑えられているものは しっかり抑えられており なにより どれも間違いのなさそうな品揃いですので やる気は出し易いと思います。

但し、あくまで 料理をしっかりされる方向けで 一般の家庭料理用のレシピ本とは難易度が違いますので注意を……。
08:34 | 書籍 料理関連書籍総合 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
テリーヌアート―トラディショナルを美しいモダンに変える | top | テリーヌとパテ教則本―古典から現代まで (旭屋出版MOOK)

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL:
http://sousvide.blog.fc2.com/tb.php/16-0c099b9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。